ARCHITECTURE

​K邸

国分寺市の住宅地に位置する美術評論家と編集者の夫婦のための住宅。

リビングは吹抜空間によって構成され、2本のブリッジが開かれた書斎と閉じた書斎を結ぶ。また、浴室がボックスとしてリビング内に独立して存在し、半内部空間的なテラスがリビングと連続する開放感あふれる住宅。

所 在 地 :東京都国分寺市

家族構成:夫婦

構造規模:木造、地上2階、最高高さ5.42m、

     敷地面積80.26㎡、建築面積39.88㎡、延床面積58.60㎡

竣  工:2006年3月