ARCHITECTURE

​Ky邸

緑の残る分譲住宅地にあるため、その自然環境を生かしたデザインをした。

隣家は見せずに周辺の緑だけを切り取って見せる大きな窓や空と雲の動きを切り取る赤いフレームのトップライトを通して部屋から四季を楽しむことができる。

居間と食堂の間の正方形のテラスも半内部空間的で戸外での食事なども楽しめる。

 

構造規模:木造地上2階、最高高さ7.60m、敷地面積247.57㎡、

     建築面積103.48㎡、延床面積168.26㎡、駐車台数2台
竣  工:1989年1月
掲 載 誌 :新建築住宅特集1989年6月号、 PLUS1 No.27 1992年他