%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%
Lazer(ラゼール)サロンコンサートホール
05 玄関ホール
07 音楽ホール-2
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%
03 北面外観
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%

Lazer(ラゼール)サロンコンサートホール

新小岩に誕生したピアノ練習室である。

離れとして独立して建てられたピアノ練習のための音楽室。

ただし、天井高9m、40人近くを収容する空間はサロンコンサートホールの枠をも

越えて、異次元の空間となっている。その遥か彼方の天井から降り注ぐような響きは長さとともに明瞭度も併せ持ち、室内楽には理想的である。

木造による3層に近い吹き抜け空間とし、豊かな響きを実現。正面には反射板を設え、また天井の母屋や梁、束を露出させることで音の拡散機能を持たせている。

ピアノはニューヨークスタインウェイB型という室内楽に最適な選び抜かれた1台が

ある。プライベートホールとしてのみの利用から今後は徐々に一般の貸し出しも開始するとのこと。今後の活用に期待したい。

 

構造規模:木造、地上2階、最高高さ9.5m、
     敷地面積227.52㎡、建築面積82.05㎡、 延床面積97.12㎡
竣  工:2010年 2月

 

 

防音仕様
木造住宅であるが、音楽室のサッシは全て2重とし、空気層を150mm確保することで近隣への音漏れを少なくしている。
また、内壁には硬質石膏ボードを2枚張り仕様としている。

室内音響
3層に近い吹抜け空間として、一方の壁面を斜めに角度をつけ、屋根は片流れを採用し、フラッターエコーを防いでいる。
また、正面の反射板、露出した天井の母屋や梁、束に音の反射・拡散機能をもたせている。吸音については、後壁の書棚と、2階の後壁にグラスウールボードを格子状に設えている。

使用ピアノ
ニューヨーク・スタンウェイ