ホール
平土間
エントランス
ホワイエ
練習室
楽屋

​札の辻クロスホール

札の辻クロスの6階,7階に位置する2層吹き抜けの

天井の高い響きを重視した約200席のホール。

市民のみなさまの音楽公演や音楽鑑賞の場として、

また展示やパーティーなどの様々な催事に活用可能。

< 札の辻クロスホールの空間概要 >

>舞台と客席:

・ホールの室型は音響に優れたシューボックス型を採用。

・舞台はピアノリサイタルから室内楽、アンサンブル、合唱、ジャズトリオなどに最適な空間。

 

>舞台間口:約8.2m 

>舞台奥行:約5.0m

>舞台部天井最高高さ:約7.2m

>舞台高さ:450mm

 

>舞台周辺空間:

・舞台裏には楽屋、出演者専用トイレ、ピアノ庫(温湿度一定空調)、備品庫有。

・客席後方には客席椅子、机の専用収納庫を備える。

・ホワイエ空間:客用トイレと受付スペースを持ち、2つの会議室にも面し、パーティー付きコン

 サートなどの多様な催事に対応します。舞台袖にはケータリングに対応するパントリーを設けて

 いる。

< 各室の主な利用

>ホール利用

椅子形式:最大217席、テーブルによるスクール形式 約90席

・音楽:演奏会、発表会、セミナー、教室、ホールリハーサル、レコーディングなど

・映像:名画・アニメ上映、パブリックビューイングなど

・舞台:講演会、説明会、シンポジウム、式典、大会、寄席、会議、勉強会など

>ホール(平土間)利用

・展示:新製品発表会、即売会など

・パーティー:式典、祝賀会、賀詞交換会、レセプションなど、飲食付きの様々なパーティー利用

       など(ケータリング利用可能)

・美術:音楽とアートの融合=インスタレーションなど、映像によるショーなど(必要な機材は

    持込としてください)

>リハーサル室

ピアノトリオの練習が可能な約4.5m×4.5mの大きさの遮音性能を持つリハーサル室です。

ピアノはヤマハC3Xを常設、音響に配慮した練習空間です。

吸音カーテンを設置し、編成や練習内容にあった響きの調節が可能です。

ホール利用者は当日の音出しの空間として、また、楽屋としても利用可能です。

< 札の辻クロスホールの技術仕様 >

>内装

・床:舞台は楽器や音響を配慮した床材を採用(束立木軸の舞台床)

・壁:下部は木製の縦リブ(音響に配慮したランダムに配置したリブを採用)

   上部は強固なボード壁面に音の反射のための音響フィンを設置

・天井:中央部分にカーブした連続反射板を設置

 

>建築音響

・残響時間(平均値):満席時約1.5秒、空席時約2.14秒

           後壁吸音カーテン使用時 満席時約1.4秒、空席時約1.95秒

・室内楽などの小編成アンサンブルのために最適な音響空間(天井高さ2層吹き抜け約7.2m)

・演奏しやすく聴きやすいホールとして、明瞭でよく響き親密感のある音響空間

・ジャズや講演会などPAを使うときは余分の反射を防ぐ吸音カーテンを客席後部に設置

・空調や屋内外の騒音を抑え、音楽・演奏に集中できる静けさを実現

・高い遮音性能により上下階や周辺への音漏れを防止し、幅広い催事に対応

 (但し、ロックバンドや和太鼓など重低音を発するものは除く)

 

>舞台設備

・舞台吊物 巻き取り式スクリーン1本

      昇降式美術バトン(看板バトン)1本

      シーリングライトバトン1本(客席上部固定式)

・舞台照明 サスペンションライト2列

      シーリングライト1列(客席上部)

      ロワーホリゾントライト等舞台演出照明一式

・舞台音響 アナウンス用及び小編成ジャズ、ポピュラー音楽用

      PAシステム一式、録音・再生システム一式

・映像   プロジェクター1台