%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%

entracte 横浜

横浜市内の住宅地内に位置する。

1階、2階はオフィス、3階、4階はピアノ室と住宅になる複合ビル。

ピアノ室は40人弱のお客様を招いてのサロンコンサートが可能な空間となっている。

所 在 地 :神奈川県横浜市

構造規模:鉄筋コンクリート造、 地上4階
最高高さ:12.38m
敷地面積:100.02㎡
建築面積:60.52㎡
延床面積:193.77㎡
駐車台数:1台
竣  工:2000年

 

防音仕様
矩体の30cm厚のコンクリート壁と2重遮音サッシュで隣地への遮音は完璧である。
建物内の他室へは床のみの浮構造で受音側30dB(かすかに聞こえる程度、一般集合住宅でも問題ない範囲といわれている)を確保している。

室内音響
音響はピアノをメインに穴あき板とその内側の空気層によって中低音域を吸音しながら周波数バランスをとっている。高音の吸音については絵画、書棚、吸音パネルを必要に応じて利用し、床はピアノのために堅くて厚い21mm厚のメープル無垢材を使用して、低音の響きを良くしている。
サロンコンサートではピアノだけでなく弦楽器などいずれも一流の演奏家によるコンサートも行われているが響きの評価は良好である。

 

使用ピアノ
ベーゼンドルファー(セミコンサートグランド)